芸術文化普及啓発事業の
お知らせ・イベント情報 News & Events

兵庫県立美術館共催企画 第2弾 兵庫県生活文化大学〈短期講座〉展覧会特別鑑賞講座 アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド-建築・デザインの神話         

アルヴァ・アアルト
41アームチェアパイミオ、1932年(design)
Alvar AaltoFoundation
Photo:Tiina Ekosaari

★担当学芸員の解説を聞いた後、実際に鑑賞するからわかりやすい!

モダニズムの建築家として世界的に活躍したアルヴァ・アアルト(1898-1976)には、25年間にわたりデザインパートナーとして対等な関係にあった妻アイノ・アアルト(1894-1949)がいました。
互いの才能を認めあい、影響しあい、補完しあいながら作品をつくり続けたアイノとアルヴァ。アイノがパートナーになったことでアルヴァに「暮らしを大切にする」という視点が生まれ、二人は、「日常の暮らしにこそデザインが必要である」という思想から、フィンランドの環境特性に基づき、自然のモチーフを取り入れたデザインで建築設計をはじめ、家具、グラスウェアなど現在も愛される名品を数多く残しました。
この講座では学芸員のスライドを使用した約45分間の解説の後、実際に会場で鑑賞します。北欧デザインが人気の昨今、いつもなら見落としてしまいそうな発見や、鑑賞のツボを押さえて、フィンランドが生んだ建築界の巨匠、アルヴァ・アアルトの世界をもっと身近にもっと楽しく体験いただけます。

【日 時】 8月18日(水)14時~15時30分    

【場 所】 兵庫県立美術館レクチャールーム

【講 師】 小林 公(兵庫県立美術館学芸員)

【受講料】 一般 1,600円(800円)、 会員 1,400円(700円)、大学生1,200円 
      ※展覧会の観覧料は受講料に含まれています
      ※()内は70歳以上。割引料金適用の際は、講座当日に証明するものの提示が必要です。

      ※同時開催のコレクション展とのセット割引きがあります。
      ★コレクション展Ⅱ
      〔特 集〕なぜここにいるの伊藤文化財団寄贈作品・新収蔵品を中心に
      〔小企画〕美術の中のかたち―手で見る造形 東影智裕展 触知の森                                    
       一般1,900 円(950円)、 会員 1,700 円(850円)大学生1,400円

【定 員】 40人 

この講座に関するお申込み・お問い合わせ

公益財団法人兵庫県芸術文化協会 文化振興部 事業第2課
展覧会特別鑑賞講座 担当
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-16-3 兵庫県民会館6階
TEL:078-321-2002 / FAX:078-321-2139
Eメール:sinkoubu@hyogo-arts.or.jp