芸術文化普及啓発事業の
お知らせ・イベント情報 News & Events

兵庫県立美術館共催企画 生活文化大学〈短期講座〉展覧会特別鑑賞講座~頴川コレクション・梅舒適コレクション受贈記念展~         

森狙仙《雨中桜五匹猿図》
江戸時代(18~19世紀)
兵庫県立美術館蔵(頴川コレクション)

学芸員さんの解説を聞いた後、実際に鑑賞するからわかりやすい!
頴川家は江戸時代に代々廻船業を営んだ大商家で、当時の大店の主として文化・芸術に理解を示し、長崎や大阪にゆかりの画人を支援し、優れた収集を築き上げたとされています。

四代当主頴川徳助(1899~1976)は第二次世界大戦の空襲で一夜にして先祖伝来の美術品が消滅した後も、ゼロからのスタートとして家業の復興と共に美術品の収集にも心を砕きました。現在、頴川コレクションとして知られるのは、赤楽茶碗随一の名品長次郎作「無一物」や本能寺の変にて信長とともに火を被り、後に古田織部所持となった「肩衝茶入銘勢高」などの茶道具の名品のほか、南画、近代絵画を中心とした重要文化財4点を含む約250点のコレクションです。

収集した美術品は本来個人の財産に帰するものではないという徳助翁の固い信念のもと美術館として永久保存への道へと出発した名品は、令和元年兵庫県に受贈され受け継がれることとなりました。

梅舒適コレクションは、わが国を代表する篆刻家として知られる梅舒適の遺族から受贈された同氏の作品、及び同氏が収集した、書画篆刻作品等です。近代中国でもっとも優れた芸術家の一人とされる呉昌碩の作品は国内有数のコレクションとして知られています。

【日 時】 52614時~1530    

【場 所】 兵庫県立美術館レクチャールーム

【講 師】 柏木知子(兵庫県立美術館学芸員)

【受講料】 一般500円、会員400円 70歳以上一般250円、会員200円
      ※展覧会の観覧料は受講料に含まれています
      ※70歳以上割引料金適用の際は、講座当日に証明するものの提示が必要です。

【定 員】 40人 

この講座に関するお申込み・お問い合わせ

公益財団法人兵庫県芸術文化協会 文化振興部 事業第2課
展覧会特別鑑賞講座 担当
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-16-3 兵庫県民会館6階
TEL:078-321-2002 / FAX:078-321-2139
Eメール:sinkoubu@hyogo-arts.or.jp