兵庫県立ピッコロ劇団第56回公演「砂壁の部屋」

作=上原 裕美 演出=岩松 了(ピッコロ劇団代表)

 
   
何をしても上手くいかないユカミ。小学校2年生の時に突然引越ししなければならなくなった。そこは決して健全とは言い難い人間関係で成り立っている花街だったが、その街で脇腹に奇妙な傷跡をもつ少年と出会う。やがて彼はユカミの中で大きな存在となっていく。
 
彼と同じ中学で過ごす幸せな日々もつかの間、太平洋で起きた大きな地震と同時に、彼は突然いなくなってしまう。初恋の人に置き去りにされ、部活で活躍する夢も終わり、何をすればいいのかわからない。それは高校へ進学しても変わらず、手に入れかけた目標も見失って、虚無感を感じるつまらない日々に空しさを感じていた。そんなダラダラした生活の繰り返しの中、エスコートサービスを商売とし、今を懸命に生きる女友達と出会う……。


今井 佐知子 / 樫村 千晶 / 野秋 裕香 / 三坂 賢二郎 / 木之下 由香 / 笹嶋 正 / 菅原 ゆうき / 堀江 勇気 
嶺岸 加奈 / 木村 美憂
 
美術=加藤 登美子 / 照明=西川 佳孝(㈱ハートス) / 音響=Alain Nouveau / 振付=東出 益代 /  
衣裳=亀井 妙子(ピッコロ劇団) / 演出助手=眞山 直則(ピッコロ劇団) /
舞台監督=鈴木田 竜二(ピッコロ劇団) / 舞台監督助手=政香 里沙(ピッコロ劇団) /
演出部=今仲 ひろし・北村 侑也・神田 あゆむ(ピッコロ劇団) /

主催 = 尼崎市 / 公益財団法人尼崎市総合文化センター / 兵庫県立尼崎青少年創造劇場
 
2016年(平成28年)
10月27日(木) ~ 11月 1日(火)
*10月31日(月)休演

平成28年度(第71回)文化庁芸術祭参加公演
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
公益財団法人兵庫県芸術文化協会創立50周年記念事業
尼崎市市制100周年記念事業
第8回むりやり堺筋線演劇祭参加