兵庫県立ピッコロ劇団第38回公演 「花のもとにて春死なむ」

作=別役 実  演出=佐野 剛(ピッコロ劇団)

 
   
■ ものがたり

満開の桜の古木が一本。
旅の遊女がひとり、死に場所を求めて現れ<花のもとにて春死なむ>という西行の歌のごとく、そこに座を占める。
通りがかりの奇妙な人々とのやりとりの中に巻き込まれてゆき遊女はなかなか死ぬことができない・・・。
果たしてなぜ死を求めるのか!?



男1=孫 高宏 / 男2=眞山 直則 / 女1=今井 佐知子 / 女2=樫村 千晶 /
男3=木村 保 / 男4 岡田 力 / 男5=今仲 ひろし / 女3=角 朝子 /

美術・衣裳=加藤 登美子 / 照明=徳田 芳美(アート・オー) / 音響=廣瀬 義昭(T&Crew) /
舞台監督=鈴木田 竜二 / 宣伝イラスト=べつやくれい / 演出部=高家 礼子 /
制作=田房 加代・田窪 哲旨
  
主催=兵庫県立尼崎青少年創造劇場

2010年(平成22年)
11月12日~17日 ピッコロシアター大ホール
 
平成22年度文化庁芸術拠点形成事業