ピッコロ劇団オフシアター vol.28「寿歌」「私のかわいそうなマラート」

「寿歌」 作=北村 想 演出=吉村祐樹(兵庫県立ピッコロ劇団)
「私のかわいそうなマラート~焼跡のワルツ~」 作=アレクセイ・アルブーゾフ 翻訳・演出=島守辰明(兵庫県立ピッコロ劇団)

 

     

(寿歌)

(私のかわいそうなマラート)

「寿歌」 
核戦争後の日本。
荒廃した地をどさまわりの芸人、ゲサクとキョウコは旅をする……ええかげんな芸をしながら。
そこへ現れる、不思議な特技を持つヤスオ。
ちょっとそこまで行く2人と、ずっとむこうまで行く1人の奇妙な旅が始まる。
どこへ行ってもどこでもないし、あっちはどっちや…。
世界の終わりを目前にしてもなお、歩き続ける3人。
彼らはどこに向かうのだろうか!
「私のかわいそうなマラート~焼跡のワルツ~」
街に爆弾が落ちてぼくたちは家族をうしなった…
廃墟に残った3人の少年、少女。
17年の月日は彼らを変えていき、残るものは…。
ロシアで今も上演され続ける不朽の名作。

「寿歌」 今仲 ひろし・浜崎 大介・杏華
「私のかわいそうなマラート~焼跡のワルツ~」 原 竹志・樫村 千晶・三坂 賢二郎

照明=石原 直盛(ハートス) 音響=三宅 住絵(Quantum Leap*) 舞台監督=政香 里沙・鈴木田 竜二  制作=田窪 哲旨
主催 兵庫県立尼崎青少年創造劇場
2013年(平成25年)
4月5日~11日
ピッコロシアター中ホール

2013ピッコロシアター開館35周年/2014兵庫県立ピッコロ劇団創立20周年へ!
財団法人尼信地域振興財団助成公演