ピッコロ劇団オフシアター vol.11 「鼻の穴から召し上がれ!」

作=ダリオ・フォ 台本・演出=石本 興司

 

     
1980年代、北イタリアの工業都市トリノ。
自動車会社フィアット社の労働者アントニオ・ベラルディは、ある日、フィアット社の社長ジアンニ・アグネリを狙った謎の襲撃事件に遭遇するが、事件に巻き込まれることをきらい、アグネリとは知らず、彼を病院へ担ぎ込むと姿を消してしまった。

一方、極度の重症を負ったアグネリは、口もきけず、病院や警察からアントニオ・ベラルディだと人違いの断定をされたうえ、事件の容疑者として取調べを受けることとなってしまう。病院にはアントニオの妻ローザもかけつけ、やがては襲撃事件の真相が明らかになっていくのだが、誤解はさらなる誤解を生んでいき……。
本田 千恵子・伊藤 雅典・江原 玲奈・平井 久美子
土佐 倫代・原 竹志・山田 裕・今井 佐知子・石本 興司

照明=石賀 正博(ハートス)/音響=宮崎 孝幸/衣裳=江原 玲奈/舞台監督=鈴木田 竜二
宣伝美術=眞山 直則/制作=田口 祥子
主催 兵庫県立尼崎青少年創造劇場
2005年(平成17年)
3月15日~17日
ピッコロシアター中ホール
平成16年度文化庁芸術拠点形成事業
財団法人尼信地域振興財団助成公演