ピッコロ劇団ファミリー劇場 「不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会」

作=別役 実  演出=平井 久美子(兵庫県立ピッコロ劇団)

「不思議の国のアリス」の森を舞台に、おなじみのチシャ猫、三月兎や公爵夫人などの登場人物たちによるユーモアあふれる言葉遊びが展開します。

あなたが知っている「不思議の国のアリス」とは何かが違うおはなし。
歌あり、踊りあり、大人も子どもも楽しめるピッコロ劇団のファミリー劇場!

   
■ ものがたり

不思議の国の不思議な森で、〈帽子屋〉がお茶の会を開こうとしている。そこに集まってくるのは、これまた不思議な仲間ばかりで、〈通訳〉をつれた〈アリス〉、東の国から来た〈使者〉、お茶の会を手伝う〈三月兎〉と〈チシャ猫〉、本物かどうかわからない〈公爵夫人〉、眠ってばかりの〈眠りねずみ〉、自意識過剰な〈市長〉、年をとって魔法を使えない〈魔法使い〉。
ちょっと変わった不思議づくしのお茶の会で、〈使者〉は東の国の文化を伝えるようとするのですが・・・。

【みどころ】
作者・別役 実は、日本を代表する劇作家・童話作家です。親子で楽しめる戯曲が多数あり、これまで「児童文学福祉賞」「斉田僑賞」「東京都優秀児童演劇選定優勝賞」などを受賞しています。
美しくユーモラスな演出が好評の平井久美子が前回に引き続き演出を担当します。子どもだけが楽しめるのではなく、子どもと大人が共に楽しめる世界が特徴です。

2006年8月にピッコロシアターで上演、同年10月、兵庫県・西オーストラリア州友好提携25周年記念公演として、西オーストラリア(パース)での海外公演も成功させ、ファミリー劇場の中でも再演を希望する声の多い「不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会」が、6年の時を経て蘇ります。



帽子屋=山田 裕 / アリス=杏華 / 通訳=森 好文 / 使者=吉村 祐樹 / チシャ猫=今井 佐知子 / 三月兎=橘 義 /
公爵夫人=野秋 裕香 / 眠りねずみ=道幸 千紗 / 市長=岡田 力 / 魔法使い=木全 晶子 /

12月公演のオーディションで選ばれた子どもたち
青山 月乃 / 荒木 めりん / 碓井 心 / 門脇 駒乃 / 北川 美心 / 大安 珠生 / 田邉 心愛 /
塚原 愛積 / 鳥山 果鈴 / 長岡 美地留 / 仲西 陸 / 楢崎 詩乃 / 藤池 悠斗 / 藤村 咲久良 /
堀口 愛叶 / 松本 陽花 / 萬田 美月 / 森本 晴香 / 森本 安津美 / 森本 璃子 / 安田 早希 ※五十音順

作=別役 実 / 演出=平井 久美子 / 振付=森田 守恒 / 美術=加藤 登美子 / 音楽=橋本 剛 /
照明=皿袋 誠路((株)ピーエーシーウエスト) / 音響=Alain Nouveau / 衣裳=亀井 妙子 / 歌唱指導=中島 恵美 /
演出助手・上演指導=眞山 直則 / 上演指導=吉江 麻樹、小安 展子 /
演出部=中川 義文、田中 よし子、政香 里沙 / 舞台監督=鈴木田 竜二 /
制作=大段 満里子、重金 昭雄、貴田 雄介 / 宣伝美術=風太郎

主催=兵庫県立尼崎青少年創造劇場/兵庫県・兵庫県立芸術文化センター
後援=兵庫県教育委員会/尼崎市教育委員会/西宮市教育委員会/サンテレビョン
協力=西北活性化連絡協議会

2012年(平成24年)
8月4~5日 ピッコロシアター大ホール
12月21~22日 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール