兵庫県立ピッコロ劇団ファミリー劇場  「うそツキ 大好き かぐや姫」

俵 万智 書き下ろし 演出=平井 久美子

 
   
■ ものがたり

マコトは小学5年生。『竹取物語』のお話が好きな男の子だ。
そんな彼の部屋へ、かわいい着物姿の女の子が現れた。
「まさか…かぐや姫!?」「そう!でもツキはツキでも、うそツキからやってきたの!」
わたしの国ではいま、悪いうそがあふれかえり困っている。
うそツキの国を救うために力をかしてほしい―― そう頼まれたマコトは、姫の言う『うそのまこととまことのうそ』というなぞのことばを頼りに、楽しいうそでいっぱいの遊園地へと姫を連れていく。
ひょんなことから、お見合いデートをする大人たちといっしょになったふたりは、とあるショーに巻き込まれて…。



少年=吉村 祐樹 / ヒメ=今井 佐知子 / 政治家?=山田 裕 / マジシャン?=橘 義 / 学者?=原 竹志 /
詩人?=今仲 ひろし / スズキ=森 万紀 / カメダ=亀井 妙子 / カトウ=吉江 麻樹 / タナカ =杏華 /
ネエヤ=安達 朋子 / バアヤ=木全 晶子 / テイさん=森 好文 /

振付=森田 守恒 / 美術=加藤 登美子 / 照明=西川 佳孝(ハートス) / 音楽=橋本 剛 / 音響=Alain Nouveau /
衣裳=亀井 妙子 / 舞台監督=宮田 重雄 / 歌唱指導=松岡 理美 / 演出助手=眞山 直則 /
制作=田房 加代・横尾 慎二

主催=兵庫県立尼崎青少年創造劇場

2009年(平成21年)
8月8・9日  ピッコロシアター大ホール
12月25・26日  兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール

兵庫県立ピッコロ劇団創立15周年記念
平成21年度文化庁芸術拠点形成事業