兵庫県立ピッコロ劇団ファミリー劇場  「不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会

作=別役 実  演出=石本 興司

 
   
■ ものがたり

不思議の国の不思議な森で、<帽子屋>がお茶の会を開こうとしている。そこに集まってくるのは、これまた不思議な仲間ばかりで、<通訳>をつれた<アリス>、東の国から来た<使者>、お茶の会を手伝う<三月兎>と<チシャ猫>、本物かどうかわからない<公爵夫人>、眠ってばかりの<眠りねずみ>、市から追い出されてしまった<市長>、年をとって魔法を使えない<魔法使い>。
ちょっと変わった不思議づくしのお茶の会で、<使者>は東の国の「文化」を伝えるようとするのですが・・・。




帽子屋=山田 裕 / アリス=森 万紀 / 通訳=橘 義 / 使者=吉村 祐樹 / チシャ猫=亀井 妙子 /
三月兎=原 竹志 / 公爵夫人=安達 朋子 / 眠りねずみ=赤松 加奈子・道幸 千紗(ダブルキャスト) /
市長=森 好文 / 魔法使い=木全 晶子 /

美術=加藤 登美子 / 音楽=橋本 剛 / 振付=森田 守恒 / 照明=石賀 正博 / 音響=Alain Nouveau /
歌唱指導=松岡 理美 / 衣裳=亀井 妙子 / 衣裳製作指導=藤野 雅胡 / 演出助手=眞山 直則 /
舞台監督=鈴木田 竜二 / チラシ原画=風太郎 / 制作=尾西 教彰 /
     
主催=兵庫県立尼崎青少年創造劇場
 
2006年(平成18年)
8月26・27日 ピッコロシアター大ホール
8月31日    明石市・明石市立西部市民会館
9月2日     豊岡市・豊岡市民プラザほっとステージ
9月10日    丹波市・ライフピアいちじま
9月23日    朝来市・あさご・ささゆりホール
10月14日・15日  西オーストラリア州パース The Lady Wardle Performing Arts Centre
 
平成18年度文化庁芸術拠点形成事業