兵庫県立ピッコロ劇団ファミリー劇場 「学校ウサギをつかまえろ」

原作=岡田 淳 台本・演出=秋浜 悟史

 
   
■ ものがたり

ぼくのクラスに、美佐子って、目のぱっちりしたかわいいおんなの子が転校してきた。無口で、ぼくはまだ口をきいたことがない。われらが4年3組では、くらい美佐子なんてよばれている。ぼくの名前、藤田恭。みんなはキョウとか恭ちゃんとよぶ。

このはなしは、学校ウサギが逃げだした!それを、見ちゃった!ところからはじまる。おまけにそいつが逃げこんだのは、なんと、工事現場だったんだ。そこは、いつも先生に、入ってはいけないっていわれてるんだよな。

ぼくらは帰り道だったし、先生をよぼうかとも考えた。けれど、飼育当番のくらい美佐子が、「・・・・・・・。」っていうんだ。いや、もちろん、しゃべったわけじゃない。でも、わかるだろ?

けっきょく、ぼくたちだけで学校ウサギを見つけようってことになったんだけど、あいつったら、なかなかすばしっこい!いつのまにか、ぼくらは、あいつをおいかけるのに夢中になっていった。

ぼくらは、夜の工事現場がどんなところか知らなかったし、そして、そのあと、あんなことがおこるなんて、だれも夢にもおもわなかったんだ・・・・・・




恭=瀬口 昌生 / 達=福島 栄一 / 伸次=梁瀬 満 / 山田=本岡 銀子 / 美佐子=和田 友紀 / のんこ =土佐 倫代 /
ガードマン=森 好文 / 白雪姫=土江 教子・本田 千恵子(ダブルキャスト) /
パック=島崎 鮎美・今井 亜紀(ダブルキャスト) / 魔女=天王寺 一・眞山 直則(ダブルキャスト) /
ペロ=斧原 由子・吉江 麻樹(ダブルキャスト) / 人面ウサギ=亀井 妙子・佐藤 君香(ダブルキャスト) /
ビリケン=西川 真一・大橋 正幸(ダブルキャスト)/
フランケンシュタイン=横溝 浩一・延藤 裕史(ダブルキャスト)

美術=加藤 登美子 / 照明=西山 茂 / 音楽=塩尻 千穂 / 音響=宮崎 孝幸(※1) / 舞踊=森田 守恒 /
歌唱指導=乾 眞知子 / 演出助手=宮崎 道子(※1) / 舞台監督=村上 浩 /
※1 崎→﨑
 
主催=兵庫県立尼崎青少年創造劇場

1999年(平成11年)
8月7日・8日  ピッコロシアター大ホール
8月21日  大分・中津江村民ホール
8月22日  福岡・吉井町文化会館
8月23日  長崎・島原文化会館
8月24日  佐賀・伊万里市民会館
8月26日  鹿児島・川辺町文化会館
8月28日  温泉町夢ホール
8月29日  春日町文化ホール
9月5日  大阪・ソフィア堺ホール
9月12日  大阪・四条畷市市民総合センター市民ホール

平成11年度芸術文化振興基金助成事業