兵庫県立ピッコロ劇団ファミリー劇場 「二分間の冒険」

原作=岡田 淳  台本・演出=秋浜 悟史

 
   
■ ものがたり

悟(さとる)は小学6年生。なにかを思いつくことの天才です。その日も、体育館でのたいこのれんしゅうが終わりました。そのとき悟は、同じクラスのかおりがひろったとげぬきを、保健室に返しにいくことを思いつきました。だってそうすれば、あとかたづけをさぼることができるでしょう。

先生と二分間以内にもどる約束をして、保健室へ行くとちゅう、悟はふしぎな黒ネコと出会います。なんと、しゃべることができるネコなんです。

黒ネコの手のひらにささっていた『見えないトゲ』をぬいてあげた悟は、お礼に望みを一つかなえてもらうことになりました。けれど、うっかり「願い事を考える時間をちょうだい!」と言ってしまったばっかりに、長い長い二分間の冒険に出かけることになってしまったのです。

一転すると、森の中です。さっきまでいっしょにあとかたづけをしていた、かおりや仲間たちがたくさんいます。けれど、おかしなことに、みんな悟のことを知らないのでした。なにやらギシキのじゃまをしてしまったらしい悟は、かおりと一緒に、竜をたおしに行かなければならなくなってしまったのです。

さぁ、悟とかおりは、ぶじに竜の館のたどりつくことができるのでしょうか。愛と勇気の冒険のものがたり、はじまり、はじまり・・・!!




悟=(A)玉置 孝匡 (B)梁瀬 満 / かおり=井上 加奈子 / 公平=瀬口 昌生 / 佐知子=土江 教子 /
茂樹=福島 栄一 / 美代=土佐 倫代 / 良子=上仁 牧子 / 恵美=和田 友紀 / 一也=高橋 健二(※1) /
佳子=谷山 佐知子 / 黒衣1(先生)=石本 浩次 / 黒衣2(ダレカ)=(A)平井 久美子 (B)安達 朋子 /
黒衣3(竜)=(A)森 好文 / (B)孫 高宏 / 黒衣4(審判長)=(A)木全 晶子(B)白木 容子 /
黒衣5(コンピューター)=藤川 明子 /
※1 高→髙
※2 崎→﨑

美術=今井 弘 / 照明=大川 貴啓 / 音楽=氷見 嘉章 / 音響=宮崎 孝幸(スタッフステーション) /
舞踊=森田 守恒 / 小道具=高橋 岳蔵 / 歌唱指導=乾 眞知子 / 和太鼓指導=児玉 武(神戸太鼓保存会) /
舞台監督=村上 浩 / 演出助手=宮崎 道子 (※2) /
大道具製作=(株)つむら工芸
ポスター・チラシ パンフレット表紙:原画デザイン=田中 徳喜 /
   
主催=兵庫県立尼崎青少年創造劇場
 
1996年(平成8年)
8月10日・11日 ピッコロシアター大ホール
8月17日   大阪・松原市文化会館
8月19日   奈良県橿原文化会館
8月22日   山崎文化会館
8月24日   春日町文化ホール
8月27日   滋賀・栗東中学校体育館

平成7年度芸術文化振興基金助成事業