兵庫県立ピッコロ劇団第60回公演/ピッコロシアタープロデュース「マルーンの長いみち~小林一三物語~」

作=古川貴義  演出=マキノノゾミ

独創的なアイデアで、阪急電鉄、宝塚歌劇団、阪急百貨店、東宝など
多様な事業を次々と成功させた希代の経営者・小林一三。
その夢と挑戦の人生を描く―-!

内容

明治の終わり、若き日の小林一三は、小説家を夢見ながらも事業家としてのスタートを切ろうとしていた。
一三は、人々のより豊かな生活を思い描く。
電鉄、百貨店、歌劇、球団・・・彼の独創的なアイディアはとどまることがない。
明治から大正、そして昭和へと激動の時代の波にもまれながらも、一三の夢は、多くの人を動かし、さらに大きく膨らんで、未来へと駆けぬけてゆく――

【小林一三 / こばやし いちぞう】
阪急や東宝の創業者
1873年(明治6年)1月3日山梨県韮崎市生まれ。
慶応義塾在学中、文学を志し、小説「練絲痕(れんしこん)」が新聞に連載される。
新聞社入社がかなわず、三井銀行(現三井住友銀行)に勤務。34歳の時、証券会社支配人になるために大阪に赴任するが、日露戦争後の景気反落により計画が頓挫、阪急電鉄の前身となる箕面有馬電気軌道を創立し専務に就任する。乗客増加のために沿線を開発、独創的なアイデアで次々に事業を展開してゆく。
美術蒐集家、茶人としても知られ、集めた美術品の数々は、大阪府池田市の「逸翁美術館」で展示されている。1957年(昭和32年)84歳で永眠。

写真提供:(公財)阪急文化財団

出演者

小林一三        瀬川 亮【客演】
小林コウ        平井久美子

かよ          今井佐知子
冨佐雄・車掌      南川泰規(空晴)*
春子・給仕(女)     園木 愛*

岩下清周        若杉宏二【客演】
平賀敏         森 好文
速水太郎・検事・夫B   酒井高陽*
上田寧・夫A       浜崎大介
佐藤博夫        荻野祐輔(東京エスカルゴ。)*
小野常松・車掌     菅原ゆうき
岩下幽香子       森 万紀
松永安左エ門      岡田 力
松村敏夫        孫 高宏
加藤ヒサ        木全晶子
十九郎         三坂賢二郎

与謝野晶子       平 みち【特別出演】
与謝野寛        橘 義

おはな         一木美貴子*
つきよ         西山まき(劇団自由人会)*
こゆき         野秋裕香

小西新右衞門      吉村祐樹

*はオーディションによる出演者
※事情により出演者などが変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

スタッフ

美術=奥村泰彦  照明=中川隆一  音響=堂岡俊弘  衣裳=三大寺志保美  演出助手=眞山直則  
舞台監督=鈴木田竜二  舞台監督助手=政香里沙  演出部=今仲ひろし、北村侑也、木之下由香、堀江勇気、木村美憂  制作助手=大段満里子  制作=山本由利子、新倉奈々子

主催等

【主催】兵庫県立尼崎青少年創造劇場 兵庫県 ・ 兵庫県立芸術文化センター
【後援】㈱サンテレビジョン
【協力】公益財団法人阪急文化財団、小西酒造株式会社、西北活性化協議会、河内厚郎
株式会社クリオネ、有限会社オフィス・マキノ、有限会社ライターズ・カンパニー、株式会社リコモーション
【制作協力】関西舞台芸術研究所

公演日時

2018年
2月23日(金)14:00 19:00
  24日(土)11:00 16:00
  25日(日)11:00 16:00
*開場は開演の30分前

会場

兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

備考

平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
兵庫県政150周年記念事業
beyond2020