兵庫県立ピッコロ劇団の沿革

 
2009(平成21年)
2月 亀井 妙子 第11回関西現代演劇俳優賞受賞
第33回公演『門 若き日の近松』作=石川 耕士  演出=西川 信廣
4月 岩松 了 劇団代表就任

オフシアターVol.21『あの森には行ってはならない―KAFKA's Nightmare Mash Up―』 

原作=フランツ・カフカ  構成・演出・オリジナル脚本=ウォーリー木下

6月

第34回公演『Not About Nightingales C監房棟の男たち』

作=テネシー・ウィリアムズ  訳=村田 元史 上演台本・演出=松本 祐子

7月 オフオフシアター2009『動物園物語』 作=エドワード・オールビー 演出=風太郎
8月 ファミリー劇場『うそツキ 大好き かぐや姫』 作=俵 万智 演出=平井 久美子
9月 オフシアターVol.22『三人の盗賊』 作=八木 柊一郎 演出=眞山 直則
10月 おでかけステージ『星のカンタータ』 原作=三木 卓  台本・演出=原 竹志 
11月

平成21年度地域の文化芸術活動支援事業 第35回公演『モスラを待って』

作=鄭 義信 演出=内藤 裕敬

12月 ファミリー劇場『うそツキ 大好き かぐや姫』 作=俵 万智  演出=平井 久美子
2010 (平成22年)
2月

第36回公演『真田風雲録』 作=福田 善之  演出=内藤 裕敬

5月 オフシアターVol.23『ワーニャ伯父さん!』 作=A・チェーホフ  訳・演出=島守 辰明

6月

第37回公演『あまに唄えば』 作=岡田 力 構成・演出=岩松 了

7月

平成22年度公共ホール演劇ネットワーク事業 

ファミリー劇場『さらっていってよピーターパン』 作=別役 実 演出・振付=森田 守恒

10月

おでかけステージ『ピッコロ版 銀河鉄道の夜』

原作=宮沢 賢治  脚本=森澤 匡晴  演出=原 竹志

11月

第38回公演『花のもとにて春死なむ 本朝・櫻の園・顚末記』

作=別役 実  演出=佐野 剛

山根 淑子 逝去
12月 佐野 剛 兵庫県芸術奨励賞受賞
ファミリー劇場『さらっていってよピーターパン』作=別役 実 演出・振付=森田 守恒
オフオフシアター2010
『とけないゆき』 作・演出=島守 辰明
『女装作家』 作・演出=風太郎
2011 (平成23年)
2月

第39回公演『天保十二年のシェイクスピア』 作=井上 ひさし  演出=松本 祐子

3月 東日本大震災発生
3月

オフシアターVol.24『法王庁の避妊法』

作=篠田 達明  脚本=飯島 早苗・鈴木 裕美 演出=吉村 祐樹

6月 第40回公演『螢の光』 作=角 ひろみ  演出=深津 篤史

オフシアターVol.25『セイムタイム ネクストイヤー』

作=バーナード・スレイド  訳=青井 陽治・堤 孝夫  演出=島守 辰明

8月

ファミリー劇場『扉のむこうの物語』

原作=岡田 淳  台本=つげくわえ  演出=平井 久美子

10月

第41回公演『しんしゃく源氏物語』 作=榊原 政常

演出(紅組)=吉村 祐樹  演出(白組)=眞山 直則

11月

おでかけステージ『ピッコロ版 銀河鉄道の夜』

原作=宮沢 賢治  脚本=森澤 匡晴  演出=原 竹志

12月

ファミリー劇場『扉のむこうの物語』

原作=岡田 淳  台本=つげくわえ  演出=平井 久美子

2012(平成24年)
2月

第42回公演『劇場版 日本三文オペラ』 原作=開高 健  脚本・演出=内藤 裕敬

4月

大鳥 裕士 ピッコロシアター館長就任

藤池 俊 相談役に就任

オフシアターVol.26『エレノア』 作=早船 聡 演出=吉村 祐樹
6月 第43回公演『博多小女郎波枕』 原作=近松門左衛門 脚本・構成・演出=鐘下 辰男
8月 三砂 博 劇団部長就任(~2016)

ファミリー劇場『不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会』

作=別役 実  演出=平井 久美子

9月

オフシアターVol.27『扉を開けて、ミスター・グリーン』

作=ジェフ・バロン  訳=平川 大作  演出=眞山 直則

10月 岡田 力 尼崎市民芸術賞奨励賞受賞
第44回公演『虎と月』~中島敦『山月記』から10年後~ 原作=柳 広司  脚本・構成=角 ひろみ  演出=鈴木田 竜二
11月

おでかけステージ『不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会』

作=別役 実  演出=平井 久美子

12月 森 万紀 兵庫県芸術奨励賞受賞

ファミリー劇場『不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会』

作=別役 実  演出=平井 久美子

2013(平成25年)
2月 孫 高宏 第15回関西現代演劇俳優賞受賞
今井 佐知子 第15回関西現代演劇俳優賞受賞
第45回公演『泡―流れつくガレキに語りかけたこと』 作・演出=岩松 了
4月

オフシアターVol.28
『寿歌』 作=北村 想  演出=吉村 祐樹
『私のかわいそうなマラート~焼跡のワルツ~』作=アルブーゾフ  訳・演出=島守 辰明

6月 into別冊として兵庫県立ピッコロ劇団20年誌発行
第46回公演『不条理・四谷怪談』 作=別役 実  演出=佐野 剛
8月

ファミリー劇場『星つむぎの歌』

原作・脚本=覚 和歌子 音楽=谷川 賢作 脚本・演出=小安 展子

10月

第47回公演『間違いの喜劇~現夢也双子戯劇~』

作=ウィリアム・シェイクスピア 翻案・上演監修=喜志 哲雄 演出=孫 高宏

11月

おでかけステージ『不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会』

作=別役 実  演出=平井 久美子

12月

ファミリー劇場『星つむぎの歌』

原作・作詞=覚 和歌子 音楽=谷川 賢作 台本・演出=眞山 直則

1994~1998へ  1999~2003へ  2004~2008へ  2014~