兵庫県立ピッコロ劇団

兵庫県立ピッコロ劇団について

全国初の県立劇団“兵庫県立ピッコロ劇団”は、兵庫県立尼崎青少年創造劇場〈ピッコロシアター〉が長年培ってきた人材育成事業の集大成として、平成6年に設立されました。
現代演劇を代表する劇作家による創作劇を中心にした公演活動をはじめ、学校や地域での演劇指導・普及活動にも積極的に取り組むなど、“芸術文化立県ひょうご”を目指して、日本全国から海外まで幅広く活動を展開しています。

The Piccolo Theater Company (PTC) was founded in 1994 as the first-ever public theater company run by a prefecture in Japan.
PTC has focused on producing the works by leading contemporary Japanese playwrights.
PTC also passionately pursues promoting drama education in high schools and at a variety of regional cultural institutions.

設 立 平成6年4月1日(1994)
所在地 兵庫県尼崎市南塚口町3丁目17番8号
兵庫県立尼崎青少年創造劇場〈ピッコロシアター〉内
劇団代表 岩松 了(劇作家・演出家) プロフィールはこちらから
客 員 鵜山 仁(演出家=文学座)・喜志 哲雄(京都大学名誉教授)・杉本 了三(演劇プロデューサー)・内藤 裕敬(劇作家・演出家=南河内万歳一座)・別役 実(劇作家・前ピッコロ劇団代表)
劇団員 劇団員プロフィールはこちらからご覧下さい
主な活動内容 演劇公演・演劇に関する指導、相談業務・外部出演(演劇・映画・放送等) その他
主な受賞 平成9年度文化庁芸術祭賞〈演劇部門〉芸術祭優秀賞
第32回紀伊國屋演劇賞団体賞
平成10年度尼崎市民芸術賞特別賞
平成19年度文化庁芸術祭賞〈演劇部門〉芸術祭優秀賞
平成25年度文化庁芸術祭賞〈演劇部門〉芸術祭優秀賞