ピッコロで学ぶという事<6>
 

辻本優美さん  

平成25年度[本科]・平成26年[美術コース]卒業

社会人

奈良から仕事と両立しながら通学されました。現在、地元の演劇活動で俳優、そしてスタッフとしても大活躍されています。

私はこれまでにも何度か芝居をしたことがありましたが、「もっと演劇のことを知りたい!」と思いピッコロに来ました。最初は演劇学校[本科]に入学し、2年目は視点を変えてみようと舞台技術学校で学びました。
奈良から通いましたが、そんな距離なんて気にならないくらい充実した時間でした。
ピッコロでは演劇未経験の人でも気軽に分かりやすく学べますし、経験者は更に新しい発見があるはずです。
また、演劇学校は舞台技術学校の授業を、舞台技術学校も演劇学校の授業を受けられるようになっています。
演劇というのは俳優以外にも、美術、音響、照明… たくさんのものに支えられ成り立っているのだと実感できます。
ピッコロでの時間は、本当に様々な面から舞台と関われるのが魅力です。
ここで得たものを奈良に持ち帰って、今後も演劇活動に活かしたいと思っています。

 
もどる