ピッコロで学ぶという事<1>
 

玉置孝匡さん  

平成6年度[本科]卒業

俳優(ペンギンプルペイルパイルズ所属)

演劇学校を卒業後、ピッコロ劇団に入団。1996年に退団し、上京してフリーの俳優として活動。2004年、人気劇作家・演出家の倉持裕氏が率いる劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」に入団。現在、活躍の場は舞台に留まらず、テレビや映画、人気コマーシャルなどでも、多才ぶりを発揮されています。

学生時代、「演劇の勉強を出来る書籍は無いか?」という私の質問に対し、恩師は「専門書や演劇の辞典辞書を100冊読むより、舞台を一回経験した方が勉強になる」と言って、私にピッコロ演劇学校への入学を勧めてくれました。そして、その言葉通り、ピッコロでは本物の舞台創りにじっくりと取り組む事ができ、書籍からは知り得ないことを数多く身に染みて学ぶことができました。そしてその多くが、今でも私の心や身体に残り財産となっています。
「芝居はひとりでは出来ない。」
学校で教わった中でも、最も心に残っている言葉の一つです。
当時、自分の偏った考えや思いだけで身勝手に演じていた私は、この言葉にとても衝撃を受けました。これは今でも私を戒めてくれる金言です。
結局、演劇学校には本科の一年間しかいませんでしたが、それでも毎日とても濃密な日々を過ごすことができました。特に、入学して半年後にある「小品発表会」に向けて作品を創り上げていった日々のことは、強く印象に残っています。そこでは一緒に創ったメンバー全員が作品の大切なパーツ、歯車として存分に機能し、誰一人欠けても成立しません。演劇の基本かつ最重要なことを実感出来た貴重な時間でした。
「芝居はひとりでは出来ない」≒「人はひとりでは生きて行けない」
そんな人生の根本も学んだ気がします。

 

舞台出演 ペンギンプルペイルパイルズの作品以外にも、倉持裕演出の「鎌塚氏、放り投げる」三部作や「虹とマーブル」、岩松了、渡辺えり、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、長塚圭史、赤堀雅秋、福原充則、ロバート・アラン・アッカーマン、ジョナサン・マンビィ、江本純子、西田征史、他の演出作品に多数出演。
テレビ出演 2014年/「ルーズベルトゲーム」(TBS)、「死の発送」(フジテレビ)
2015年/「保育探偵25時」(テレビ東京)、「紅白が生まれた日」(NHK)、「ヤメ刑探偵加賀美塔子3」(TBS)、
「リスクの神様」(フジテレビ)、「民王」(テレビ朝日) など
映画出演 「ALWAYS続・三丁目の夕日」(監督 山崎貴)「アフタースクール」(監督 内田けんじ)「ザ・マジックアワー」(監督 三谷幸喜)「罪とか罰とか」(監督 ケラリーノ・サンドロヴィッチ)「クヒオ大佐」(監督 吉田大八)「MARCHING-明日へ-」(監督 中田新一)「るろうに剣心/京都大火編」(監督 大友啓史)
テレビCM SoftBank「白戸家アヤ交渉篇」(2012.10)・「白戸家アヤ再び交渉篇」(2012.11)・「白戸家コンサート篇」(2013.8)、Mcdonald「いたずら篇/公園篇」(2013.8)
日清食品「どん兵衛」、ミツカン「かおりの蔵」、花王「アタックバイオジェル」、
SEIYU、モバゲーTOWN、スカイパーフェクトTV、
 
ピッコロで学ぶという事<2>  俳優・冠野智美さん →