公演情報

兵庫県立ピッコロ劇団第65回公演「ブルーストッキングの女たち」

作=宮本 研  演出=稲葉賀恵(文学座)

あなた、わたしたちにやきもちをやいていらっしゃるんです。わたしたちの自由な生き方に。

大正元年、伊藤野枝は、平塚らいてう率いる『青鞜』の門をたたく。
激動の時代、いのちを燃やした女たち、男たち―
文学座の新鋭・稲葉賀恵がピッコロ劇団初演出!

あかすじ

「元始、女性は太陽であった」の宣言とともに発刊された雑誌『青鞜』は、平塚らいてう、神近市子、尾竹紅吉ら女性たちの手によって世に送り出されていた。その編集部へ飛び込んだ伊藤野枝。
一方、大杉栄、荒畑寒村も『近代思想』を創刊。社会を変えるべく奮闘する女たち、男たち。
しかし時代は軍靴が響き、弾圧へと歩みを進めていた……

【演出:稲葉賀恵 いなばかえ】
2008年文学座附属演劇研究所に48期生として入所。
2013年座員に昇格。鵜山仁、髙瀬久男、上村聡史、青木豪などの演出助手を務める。
同年、文学座アトリエの会『十字軍』にて文学座初演出。これまでの演出作品に『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(作:オノマリコ)、文学座アトリエの会『野鴨』(作・ヘンリック・イプセン)、高校生と創る演劇『ガンボ!』(作:青木豪)など。2018年には新国立劇場小川絵梨子芸術監督第一シーズンにおいてカミュ作『誤解』を演出。今もっとも注目される演出家の一人。

出演者

らいてう / 平井久美子
市子 / 野秋裕香
紅吉 / 今井佐知子
保子(大杉栄の妻) / 木全晶子
ミツ(辻潤の母親) / 亀井妙子
野枝 / 田渕詩乃
松井須磨子・ノラ / 森 万紀
島村抱月 / 岡田 力
辻 潤 / 三坂賢二郎
荒畑寒村 / 今仲ひろし
奥村 博 / 菅原ゆうき
大杉 栄 / 原 竹志
甘粕憲兵大尉 / 中川義文
森憲兵曹長・メゾン鴻の巣のバーテン / 橘 義
当番兵・ヘルメル / 浜崎大介
尾行警官 / 風太郎
メゾン鴻の巣の女給・リンデ夫人 / 杏華
日蔭茶屋の女中お源・女中 / 木之下由香
魔子 / 木村美憂 
一 / 西口翔真(子役)

※やむを得ない事情により出演者などが変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

スタッフ

美術=柴田隆弘  照明=吉本有輝子(真昼)  音響=藤田赤目  音響操作=横田和也(LLC.ARTS)  
衣裳=中村洋一(東京衣裳)  殺陣=映見集紀(B.E.A.T)  尺八指導=岳人山  
演出助手=眞山直則  舞台監督=鈴木田竜二  舞台監督助手=政香里沙  
演出部=堀江勇気、車貴玲、有川理沙、金田萌果  イラストとチラシデザイン=チャーハン・ラモーン
制作=山本由利子、新倉奈々子

主催等

【主催】兵庫県立尼崎青少年創造劇場
文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
兵庫県立ピッコロ劇団設立25周年記念

公演日時

2019年
10月4日(金)17:00
  5日(土)11:00 / 17:00
  6日(日)14:00
  7日 休館日
  8日(火)14:00
  9日(水)14:00

会場

ピッコロシアター 大ホール

料金

〈全席指定〉
一般 3500円
大学生・専門学校生 2500円
高校生以下 2000円

前売開始 8月9日(金)
*ピッコロサポートクラブ会員先行受付8月7日(水)
→会員種別により招待または1割引
(ピッコロシアターでのみ取扱)

チケット取り扱い

ピッコロシアター 06-6426-1940
(9:00~21:00 月曜休館、祝日の場合は翌日)

チケットぴあ 
0570-02-9999 [Pコード496‐175]
●セブンイレブン店内端末

ローソンチケット
0570-084-005 [Lコード57448]
●ローソン・ミニストップ店内Loppi

イープラス
http://epuls.jp(パソコン&携帯)
●ファミリーマート店内Famiポート