公演情報

ピッコロ劇団おでかけステージ(小学校公演) 「星のカンタータ」

原作=三木 卓 台本・演出=原 竹志(兵庫県立ピッコロ劇団)

内容

タロは小学六年生。将来の夢は、アルファ・ケントウリの惑星で働いているお母さんに会いに行くために、宇宙飛行士になること。
星祭りの晩に不思議な少年ダロと出会ったタロは〈ことばのプラネタリューム〉で宇宙飛行士になるための訓練をします。言語学者のシライさんと一緒に、さまざまな「星のものがたり」を体験します。そんなタロのもとに、お母さんが地球に帰ってきたことを知らせる手紙が届きます。お母さんは病気にかかってしまい、地球での記憶がなくなってしまったのでした。タロとタロのことを忘れてしまったお母さん、ダロもシライさんに何かいいたいことがあるようです。〈ことばのプラネタリューム〉で4人を包むように星のカンタータがやさしく響きます。

出演者

タロ=菅原ゆうき / ダロ=三坂賢二郎 / シライ=野秋裕香 / お母さん=杏華 /
王様・郵便屋=今仲ひろし / 王様・郵便屋=浜崎大介 / ミミ先生=木之下由香 /
マミ=有川理沙 / まいごの少年=金田萌果 / ことばの杖の少年=車 貴玲 /
ホリエッティ=堀江勇気 / キムぴちゃん=木村美憂 / うたのおねえさん=田渕詩乃

スタッフ

原作=三木 卓 / 台本・演出=原 竹志(兵庫県立ピッコロ劇団) /
音楽・演奏=木下 出 / 照明=南 亜紀((株)ピーエーシーウエスト) /
音響=横田和也 / ステージング=福島直美 /
美術協力=鈴木田 竜二(兵庫県立ピッコロ劇団)・風太郎(兵庫県立ピッコロ劇団) /
舞台監督=政香 里沙(兵庫県立ピッコロ劇団) /
制作=塩野恵美・河東真未

主催等

主催=兵庫県立尼崎青少年創造劇場

公演日時

2018年(平成30年)
10月3日(水) 尼崎市立上坂部小学校  (会場はピッコロシアター大ホール)
10月4日(木) 尼崎市立園田南小学校  (会場はピッコロシアター大ホール)
10月16日(火) 姫路市立網干小学校 体育館
10月18日(木) 姫路市立花田小学校 体育館
10月24日(水) 川西市立多田小学校 体育館

(※小学校団体鑑賞につき一般の方はご観劇できません)

備考

【おでかけステージ】
兵庫県立ピッコロ劇団では、地域の小学校の子どもたちへ生の演劇の魅力や楽しさを届けるために、毎年、〈おでかけステージ〉を実施しています。
小学校体育館等の小規模なステージでも上演ができるように、シンプルかつ効果的な舞台装置をはじめ、役者たちによる観客席を巻き込んだ舞台進行など、いつもの劇場公演とは一味違った舞台づくりをコンセプトにしています。
ご相談・お問合せは、ピッコロ劇団06-6426-8088まで。

平成30年度文化庁文化芸術振興費補助金
劇場・音楽堂等機能強化推進事業
独立行政法人日本芸術文化振興会