公演情報

兵庫県立ピッコロ劇団第62回公演「小さなエイヨルフ」

作=イプセン 翻訳=原千代海 演出=鵜山 仁(文学座)

近代演劇の父・イプセンの傑作に
鵜山仁(文学座)×ピッコロ劇団が挑む!

男と女、兄と妹、妻と夫、息子と親―――
フィヨルドにのぞむひとつの家庭で交錯する、愛と憎しみ

内容

 人間の心身には、光と闇、聖性と獣性、利己と利他、愛と憎しみ等、対立する要素が同居しています。それら二項対立の両極が激しく引き裂かれ、また混じり合い、思いもかけないものに変容する。そんな葛藤のピーク、ドラマのクライマックス。優れた劇作家はそうした移り行きを逃さず活写するわけですが、イプセンはその代表選手です。
 両親の愛と欲望の功罪を背負った少年「エイヨルフ」は、愛が憎しみに、そして憎しみが再び愛に立ち戻ろうとして、まだ見ぬ「神」の領域へ踏み込む道すがらの「つまづきの石」なのかもしれません。
 そのうねりを、せいぜい苛烈に、優しく描き切ることができれば…二十五周年という壮年期を迎えるピッコロ劇団の力をかりて、若々しくも爛熟した『小さなエイヨルフ』を、是非実現したいと思ってます。 
                                          演出=鵜山 仁

出演者

アルフレッド・アルメルス  岡田 力
リータ・アルメルス     森 万紀
アスタ・アルメルス     今井佐知子
ボルグヘイム        吉村祐樹
鼠ばあさん         橘 義
エイヨルフ(声)       亀井妙子

※事情により出演者などが変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

主催等

【主催】兵庫県立尼崎青少年創造劇場
平成30年度文化庁芸術祭参加公演
文化庁文化芸術振興費補助金 劇場・音楽堂等機能強化推進事業 独立行政法人日本芸術文化振興会
東京2020応援プログラム/兵庫県政150周年記念事業/ピッコロシアター開館40周年
平成30年度文化庁芸術祭参加公演

公演日時

2018年
11月2日(金)18:30
  3日(土)13:30
  4日(日)13:30
  5日(月)休演日
  6日(火)13:30/18:30
  7日(水)13:30
*開場は開演の30分前

会場

ピッコロシアター 大ホール

料金

〈全席指定〉
一般 3500円
大学生・専門学校生 2500円
高校生以下 2000円

*未就学児童のご入場はご遠慮ください。
前売開始 9月14日(金)
ピッコロサポートクラブ先行受付開始 9月12日(水)

チケット取り扱い

ピッコロシアター06-6426-1940
(9:00~21:00 月曜休館、祝日の場合翌日)

チケットぴあ
0570-02-9999[Pコード487-536]
●セブンイレブン・サークルKサンクス店内端末



ローソンチケット
0570-084-005[Lコード54842]
●ローソン・ミニストップ店内Loopi

イープラス
こちらから(パソコン&携帯)
●ファミリーマート店内Famiポート

備考

【関連企画】鵜山 仁氏 演劇ワークショップ
日 時 : 2018年10月6日(土)10:00~12:00
会 場 : ピッコロシアター別館2階 ピッコロ劇団稽古場
講 師 : 鵜山 仁氏(文学座)
対 象 : 高校生以上。演技・演劇を勉強中の方や、舞台経験のある方、表現することに関心のある方。
定 員 : 30名(先着順)
受講料 : 無料 ※ただし、ワークショップ付き公演チケットをお申込みください。
詳しくはこちらから