公演情報

兵庫県立ピッコロ劇団第59回公演「かさぶた式部考」

作=秋元松代 戯曲『かさぶた式部考』【第十一回毎日芸術賞受賞】  
演出=藤原新平(文学座)

絶望から人々を救うのは、愛か、信仰か――
2014年話題を呼んだ舞台が、兵庫・東京で待望の再演!!

内容

愛娘の病死をきっかけに現世の無常を悟った和泉式部が、瘡という病を負って諸国を遍歴し人々を救済するという「和泉式部伝説」。
第二次大戦後のエネルギー革命に伴う炭鉱災害をはじめ、厳しい現実に立ち向かう人々の姿と「伝説」が響き合い、2017年、私たちの生きる今をこそ鋭く照射する! 
2014年に上演し好評を博した重厚なドラマを、兵庫(尼崎市ピッコロシアター・相生市)・東京で再演!

【あらすじ】
昭和42年、九州地方の農村、炭鉱事故で正気を失った豊市は母と妻に献身的に支えられながら暮らしていたが、「六十八代和泉式部」を名乗る尼僧に魅かれて巡礼団のあとを追った…。
「和泉式部伝説」を材に描く人間の業と生への希求、そして終わりなき漂泊。
厳しい現実に立ち向かう人々の姿と「伝説」が響き合い、私たちの生きる今を鋭く照射する。

〈兵庫・相生公演〉
2017/9/24(日)14:00 
相生市文化会館 扶桑電通なぎさホール
一般2500円 高校生以下1500円 ※6/17(土)発売 
(相生市文化会館友の会会員 一般2000円)
相生公演お問い合わせ TEL0791-23-7118

〈兵庫・尼崎公演〉
2017/9/29(金)18:30・30(土)14:00・10/1(日)14:00・3(火)14:00・4(水)14:00 ※10/2(月)休演
ピッコロシアター大ホール 
一般3500円 大学・専門学校生2500円 高校生以下2000円
(ピッコロサポートクラブ会員は、会員種別によりご招待または各1割引)
※8/11(金)発売  ピッコロサポートクラブ先行販売8/9(水)

〈東京公演〉
2017/10/14(土)14:00・15(日)14:00    
世田谷パブリックシアター
一般3500円 大学・専門学校生2500円 高校生以下2000円 
(ピッコロサポートクラブ会員は、会員種別によりご招待または各1割引)
※8/11(金)発売  ピッコロサポートクラブ先行販売8/9(水)
 
■尼崎・東京公演 お問い合わせ
ピッコロシアターTEL 06-6426-1940 http://hyogo-arts.or.jp/piccolo

(2014年のピッコロ劇団公演より)

出演者

大友伊佐(農婦)       平井久美子          
大友豊市(伊佐の長男)    原 竹志          
大友てるえ(豊市の妻)    吉江麻樹         
智修尼(六十八代和泉式部)  森 万紀          
うめ            亀井妙子            
宇智子           杏華            
鶴作(肝煎)         森 好文            
ふじ(支部長)        木全晶子            
ゆり            今井佐知子             
万太郎           山田 裕            
小次郎           三坂賢二郎           
はる            峯 素子(遊気舎)           
きく            木村美憂
夢之助           孫 高宏
光子(付人)         野秋裕香
なつ            木之下由香
初旅の女/あき       本田千恵子
村の青年1         吉村祐樹
村の青年2         橘 義

*やむを得ない事情により出演者などが変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

スタッフ

美術=加藤登美子  照明=西川佳孝(ハートス)  音響=原島正治(囃組)  衣裳=中村洋一(東京衣裳)
音響操作=三宅住絵(Quantum Leap*)  演出助手=眞山直則  舞台監督=鈴木田竜二
舞台監督助手=政香里沙  演出部=今仲ひろし、浜崎大介、北村侑也、菅原ゆうき、堀江勇気
制作助手=大段満里子   制作=田窪哲旨、新倉奈々子

主催等

【主催】兵庫県立尼崎青少年創造劇場
【相生公演共催】相生市文化会館
【東京公演提携】公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
【東京公演後援】世田谷区

公演日時

9/24(日)14:00 
9/29(金)~10/4(水)
10/14(土)・15(日)    

会場

相生市文化会館 扶桑電通なぎさホール
ピッコロシアター大ホール 
世田谷パブリックシアター  

備考

平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
兵庫県政150周年記念先行事業
第9回むりやり堺筋線演劇祭参加