公演情報

兵庫県立ピッコロ劇団第58回公演「西海渡花香(にしのうみわたるはなのか)」

ウィリアム・シェイクスピア『恋の骨折り損』より
翻案=喜志哲雄 演出=孫 高宏(ピッコロ劇団)

東の国と西の国の男女4組
取り巻くお国の事情も立場もそれぞれだけど
胸ときめく恋心は、古今東西みな同じ。

ユーモラスな登場人物たちが
恋に躍って恋に悩み、恋の駆け引きを繰り広げる日本版
『恋の骨折り損』!

「間違いの喜劇~現夢也双子戯劇」
「東男迷都路」に続く
シェイクスピア喜劇 翻案シリーズ第3弾!

内容

兵庫県立ピッコロ劇団第47回公演『間違いの喜劇~現夢也双子戯劇(うつつはゆめふたごのたわむれ)~』(2013年)、第52回公演『東男迷都路(あずまおとこまようみやこじ)』(2015年)に続く、シェイクスピア喜劇・翻案シリーズ第3弾は、『恋の骨折り損』を原作に、『西海渡花香(にしのうみわたるはなのか)』を上演します。

『恋の骨折り損』はシェイクスピアの初期の作品。
学問に精進するために宮殿を女人禁制にしたナヴァール王と臣下の4人は、そこにやって来たフランス王女と貴婦人の4人にさっそく恋をして――。
機知に富んだ言葉のやり取り、男女の恋の駆け引きがみどころで、ドタバタの笑劇とはひと味違った可笑しさのある喜劇です。

シリーズの前2作品と同様、翻案をシェイクスピア研究者の喜志哲雄、演出をピッコロ劇団の孫 高宏が手がけます。『間違いの喜劇~現夢也双子戯劇~』では第68回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞した喜志&孫の強力タッグが今回も、躍動感あふれる日本版シェイクスピア喜劇の世界に誘います。

【あらすじ】
ふたつの国が対立している――戦争になるかもしれない。
ところが一方の国の王と一方の国の王女が恋に落ちた!
はたして恋愛は戦争を防ぐことができるのか!?

【翻案:喜志哲雄(きし・てつお)】
1935年 兵庫県生まれ。京都大学大学院修了。京都大学名誉教授。英米演劇専攻。
主な著書に『劇場のシェイクスピア』、『英米演劇入門』、Shakespeare in Japan(共著)、『喜劇の手法 笑いのしくみを探る』、『ミュージカルが《最高》であった頃』、『シェイクスピアのたくらみ』、『劇作家ハロルド・ピンター』など。
2009年、『シェイクスピアのたくらみ』で国際演劇評論家協会演劇評論賞、同年、兵庫県文化賞を受ける。2014年、第33回京都府文化賞 特別功労賞受賞

【演出:孫 高宏(そん・たかひろ)】
1969年、大阪府生まれ。兵庫県立ピッコロ劇団俳優。
大阪芸術大学舞台芸術学科卒業後、文学座附属演劇研究所を経て、1994年、兵庫県立ピッコロ劇団に入団。文芸演出部、俳優部を兼務し、ピッコロ劇団の多数の公演において中心的な役を演じ、関西演劇界においても高く評価される俳優の一人。
初演出は、平成14年度オフシアターVol.4『辰吉の湯』(作=福島栄一)。
平成17年度文化庁在外研修員特別派遣でロシア・ユーゴザーパド劇場にて研修。
平成18年度兵庫県芸術奨励賞受賞。
2013年、第15回関西現代演劇俳優賞男優賞受賞。
2013年10月ピッコロ劇団第47回公演『間違いの喜劇~現夢也双子戯劇~』演出(同作にて平成25年度(第68回)文化庁芸術祭賞<演劇部門>優秀賞受賞)。
これまでのシェイクスピア作品への出演は、兵庫県立ピッコロ劇団第19回公演「ハムレット」(演出=ワレリー・ベリャコーヴィチ)(2003) 、第27回公演「ハムレット」(演出=ワレリー・ベリャコーヴィチ)(2007)、第30回公演「十二夜」―祭りのあとは、ご勝手に―(演出=三輪えり花)(2008)、第51回公演「マクベス」(演出=ジェイスン・アーカリ)(2015)など。

出演者

岡田 力 / 亀井妙子 / 木全晶子 / 木村美憂 / 杏華 / 菅原ゆうき / 中川義文 / 野秋裕香 / 浜崎大介
原 竹志 / 平井久美子 / 風太郎 / 堀江勇気 / 三坂賢二郎 / 森 万紀 / 山田 裕/ 吉江麻樹 / 吉村祐樹

※事情により出演者・配役等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

スタッフ

美術=加藤登美子  照明=皿袋誠路(㈱ピーエーシーウエスト)  音楽=橋本 剛  音響=Alain Nouveau  
衣裳=中村洋一(東京衣裳㈱)   振付=藤間藤尊  かつら=石川勝一(丸善)  
舞台監督=鈴木田竜二(ピッコロ劇団)  舞台監督助手=政香里沙(ピッコロ劇団)
演出助手=北村侑也(ピッコロ劇団)  制作助手=大段満里子
演出部=今仲ひろし、神田あゆむ  制作=山本由利子、新倉奈々子  

主催等

【主催】兵庫県立尼崎青少年創造劇場 
【後援】兵庫県教育委員会、尼崎市教育委員会

公演日時

2017年
5月26日(金)19:00
  27日(土)14:00 
  28日(日)14:00
6月 2日(金)15:00
   3日(土)14:00
   4日(日)14:00
*開場は開演の30分前

会場

ピッコロシアター 大ホール

料金

〈全席指定〉
一般3500円
大学生・専門学校生2500円
高校生以下2000円

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

前売開始4月7日(金)

*ピッコロサポートクラブ会員
→先行予約開始4月5日(水)
→会員種別によりご招待または1割引
→ピッコロシアターのみ取り扱い

チケット取り扱い

ピッコロシアター 06-6426-1940
(9:00~21:00 月曜休館、祝日の場合翌日)

チケットぴあ
0570-02-9999[Pコード456-529]
●セブンイレブン・サークルKサンクス店内端末  

ローソンチケット
0570-084-005[Lコード56251]
●ローソン・ミニストップ店内Loppi
イープラス
http://eplus.jp(パソコン&携帯)
●ファミリーマート店内Famiポート

備考

平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
公益財団法人兵庫県文化協会創立50周年記念事業