2020年4月入団 兵庫県立ピッコロ劇団 俳優 技術スタッフ 劇団員募集

2020年4月入団
兵庫県立ピッコロ劇団 俳優 技術スタッフ 劇団員募集

 

兵庫県立尼崎青少年創造劇場<ピッコロシアター>に附属する全国初の県立劇団「兵庫県立ピッコロ劇団」は、現代演劇を代表する劇作家・演出家と創作する公演活動をはじめ、学校や地域での演劇指導・普及交流活動にも継続的に取り組んでいます。
設立26年目を迎え、これらの活動を支える若き人材を募集します。

 

募集人数
若干名
募集対象
①俳優
俳優としての技量を有し、ワークショップ等の普及活動に必要な技術修得に積極的な者。
②技術スタッフ
舞台監督・舞台監督助手・演出助手等のいずれかの技術と能力を有する者。
応募資格
原則として18歳以上の男女で、俳優/スタッフの養成の課程または実地の経験を1年以上有し、プロとしての技術を持つ者、または目指している者。(資格の有無は問いません)
応募方法

所定の用紙を以下よりダウンロードするか、ピッコロ劇団までご請求ください。
申込書に必要事項を記入、下記の(1)(2)を添付し、郵送または持参してお申し込み下さい。
郵送の場合は簡易書留でお願いします。応募用紙の記入事項は今回の募集でのみ使用します。応募用紙は返却いたしません。

(1)写真2枚
1ヶ月以内に撮影した全身及び上半身のサービス版写真各1枚を所定用紙に添付。
(2)作文
<課題>
「最近、嬉しかったできごと」
「最近、悲しかったできごと」
「最近、腹が立ったできごと」
(いずれか一つを選び、600字程度 800字まで)
〈応募用紙〉
受験申込書
写真添付用紙
原稿用紙
(3)受験料
1次審査は無料。2次審査に進まれた方のみ、2次審査受験当日3,000円を現金でお支払い下さい。
納入いただいた受験料は返却できませんのでご了承ください。
応募期間
2020年2月21日(金)~3月1日(日)必着 ※2月25日(火)は休館
スケジュール
選考試験 一次審査 二次審査
選考日・会場 3月14日(土)午後1時~
ピッコロシアター 劇団稽古場
選考内容 書類審査 [俳優]物言い・面接・舞踊・歌唱
[技術スタッフ]面接
合格発表 3月6日(金) 3月19日(木)
1次審査合格者のみ2次審査を受験していただきます。舞踊の課題は当日発表。歌唱は各自自由に選択した歌をアカペラで歌っていただきます。
合格者は各発表日の午後3時にピッコロシアター館内に掲示。合否結果はそれぞれに郵送等で通知します。選考結果についてのお問合せには応じられません。
2次審査合格者には、所定の様式により健康診断書を提出していただきます(自己負担による)。診断内容により合格を取り消す場合があります。
入団条件
(1)
専属契約料1,860,000円(30年度実績。変更あり。税・交通費込)を月払いで支給します。その他、指導・公演等の活動により、手当を別途支給する場合があります。
(2)
劇団の専属として契約。原則として契約期間は令和2年4月1日から令和3年3月31日までとします。以後、活動実績により、契約を更新することがあります。
(3)
現在、劇団や養成機関等に所属する者は、退団または退学について所属長の承諾を得る必要があります。
(4)
契約期間中は劇団の許可なく他の劇団、映画・放送活動等をすることはできません。
(5)
演劇活動が不可能になった場合や劇団の方針に反する場合は、退団していただく場合があります。

(公益財団法人兵庫県芸術文化協会兵庫県立ピッコロ劇団・俳優に関する要綱による)

お問合せ・申込書請求
兵庫県立ピッコロ劇団 〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町3-17-8 ピッコロシアター
TEL 06-6426-8088(劇団直通) FAX 06-6426-1943
※9:00~21:00 月曜休館(祝日の場合は翌日)http://hyogo-arts.or.jp/piccolo
劇団代表
岩松了(劇作家・演出家・俳優)
主な受賞実績
■第32回紀伊國屋演劇賞団体賞
(別役実=作 藤原新平=演出「風の中の街」)
■第32回紀伊國屋演劇賞団体賞 平成9年度文化庁芸術祭賞<演劇部門>芸術祭賞優秀賞
(清水邦夫=作 秋浜悟史=演出「わたしの夢は舞う-會津八一博士の恋-」)
■平成19年度文化庁芸術祭賞<演劇部門>芸術祭優秀賞
(鄭義信=作 内藤裕敬=演出「モスラを待って」)
■平成25年度文化庁芸術祭賞<演劇部門>芸術祭優秀賞
(喜志哲雄=翻案・上演監修 孫高宏=演出「間違いの喜劇~現夢也双子戯劇~」)
主な普及・指導活動実績
●「あつまれ!ピッコロひろば」など、子ども向けワークショップ
●学校教員や地方公共団体職員、外国人などを対象としたワークショップ
●ピッコロ演劇学校本科・研究科講師
●新国立劇場演劇研修所講師
●甲南女子大学、近畿大学、兵庫県立宝塚北高等学校、兵庫県立伊丹北高等学校、
 プール学院高等学校、クラーク記念国際高等学校 芦屋キャンパス、
 大阪市立咲くやこの花高等学校 など演劇に期待される教育への取り組みも推進。