ピッコロシアターについて

1978年8月開館した兵庫県立尼崎青少年創造劇場(愛称・ピッコロシアター)は、観ること、それ以上に演じる方が使いやすいように設計されています。
劇場には、大ホール(定員400名収容)・中ホール(定員200名)・小ホール(定員100名)の3つのホール、そして練習室、展示室、演劇に関する書籍を豊富に所蔵する資料室があります。
劇場主催により、地元で身近に親しまれる演劇の上演・文化セミナー・実技教室など、多彩なプログラムが開催されており、若者たちの創造活動を高める施設として、大いに注目を集めています。
また、将来の地域文化活動の創造者・リーダーを育てることを目的とした「ピッコロ演劇学校」、舞台芸術を支える舞台美術・照明・音響を学べる「ピッコロ舞台技術学校」の運営には、特に情熱が注がれています。

全国初の県立劇団“兵庫県立ピッコロ劇団”は、兵庫県立尼崎青少年創造劇場〈ピッコロシアター〉が長年培ってきた人材育成事業の集大成として、平成6年に設立されました。

Amagasaki Youth Creative Theater of Hyogo Prefecture (nicknamed Piccolo Theater) opened in August 1978 was designed more for performing than for viewing. The theater consists of 3 halls ; Iarge (400 seats), medium (200 seats), and small (100 seats), plus a rehearsal room, exhibition room, and a reference room storing a rich variety of books on the theater arts. The “Piccolo” serves as a very attractive facility for encouraging the creative activities of the young, including such diverse programs as, play performances to make theater arts easily available to the community, cultural seminars, practical training classes, etc., all sponsored by the theater.
Particular effort is devoted to the operation of the theater arts school for nurturing future producers and leaders of local cultural activities, also, emphasis is placed on the stage engineering school to provide training in the technical stage arts, i. e., Iighting, and sound.

The Piccolo Theater Company (PTC) was founded in 1994 as the first-ever public theater company run by a prefecture in Japan.