国際演劇交流セミナー2018 ②韓国特集 International theatre exchange seminar 2018 「 パク・クニョン演出ワークショップ 5日間 」 参加者募集

国際演劇交流セミナー2018 ②韓国特集 International theatre exchange seminar 2018 「パク・クニョン演出ワークショップ 5日間」参加者募集

2017年に大好評を博した パク・クニョン氏ワークショップが、装いも新たに再上陸!
今回は「演出ワークショップ」。韓国国立演劇大学でも教鞭を執り、上演されるたびに韓国演劇界に衝撃を与え続けるパク・クニョン氏が、日本の演劇人、演劇を志す人たちのために演出ワークショップを開催します。
韓国演劇界の颱風の目、パク・クニョン演出を垣間見る、本国、韓国でも稀有なパク・クニョン氏演出ワークショップ! 演劇活動をすでにされている方、これから活動を始めたい方も奮ってご参加ください!

 
【日程・内容】
2018年8月22日(水)~26日(日)
22日(水)・23日(木)・24日(金)18:00~20:45
25日(土)・26日(日)13:00~20:45
☆26日(日)最終日は、17:00~18:30発表、19:00~20:30パク・クニョン氏レクチャーを予定しています。
使用台本:「そんなに驚くな」(パク・クニョン:作  石川樹里:翻訳) 
 
【ワークショップ概要】
1. 演出家としての能力と心得などの論理
2. 俳優と演出家の関係
3. 真の演出とは何か?
4. テキストを使った演出実習
5. 短い公演の発表
 
【募集定員】
演出5名程度 俳優15名程度 (定員20名程度) / 参加費:5000円
※協会員は無料 ※ワークショップ見学500円(一回につき) 
※ワークショップは5日間すべて参加出来る方を優先します。 
※応募多数の場合は選考させていただく場合がございます。
 
【応募締切】 8月10日(金)
 
【お申込み・お問合せ】
1.氏名 2.性別 3.年齢 4.住所 5.電話番号 6.メールアドレス 7.演劇経験の有無

を下記のアドレスへメールにてお申込みください。(事前に課題資料を送付させていただきます)

お申込みは kasnsaiblock@gmail.com 日本演出者協会関西ブロック

 
【パク・クニョン [박근형/朴根亨]】
1963年8月11日、ソウル生まれ。劇作家・演出家。劇団コルモッキル芸術監督。韓国芸術総合学校演劇院演出科 教授。1985年劇団76団に俳優として入団、その後演出家に転向。2003年「劇団コルモッキル」を旗揚げ。以来、韓国を代表する劇作家・演出家として劇団内外にて幅広く活躍。 1999年に初演した『青春礼讃』で韓国内の演劇賞である演劇協会新人演出家賞、作品賞や、文化観光部・韓国演劇協会選定「最優秀公演ベスト5」(作品賞、演出賞)、韓国評論家協会「今年の演劇」(最優秀作品賞)、今日の若き芸術家賞 (文化観光部長官賞)、百想芸術大賞 (戯曲賞)、東亜演劇賞 (作品賞、戯曲賞) などを受賞。その後も多くの作品で数々の演劇賞を受賞するなど、韓国で現在もっとも注目される劇作家・演出家の一人である。代表作に、『鼠』『青春礼讃』『代代孫孫』『キョンスク・キョンスクの父』『そんなに驚くな』『満州戦線』など。
 
【国際演劇交流セミナー】
1990年代より、近隣の韓国、中国の演劇人との交流、さらには東アジアの国々と、演劇交流をかさねてきました。1999年からは文化庁による本格助成のもと、「国際演劇交流セミナー」を通年で開催するようになり、世界各国の演劇人を講師として、ワークショップ、レクチャー、シンポジウム、リーディング等を連続的に開催しています。
韓国、ドイツ、ベルギー、ルーマニア、中国、カナダ、オーストラリア、イスラエル、ロシア、インドネシア、香港、ブラジル、イギリス、台湾、コロンビア、ウクライナ、フィンランド、ベルリン、ポーランド、イラク、ポルトガル、ハンガリー、ベラルーシ、タイ ・・・他
 
文化庁委託事業「平成30年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催 : 文化庁/一般社団法人 日本演出者協会  
共催 : 兵庫県立尼崎青少年創造劇場
制作 : 一般社団法人 日本演出者協会 関西ブロック
担当 : 島守辰明 金子順子 山本つづみ 井之上淳  
通訳 : 洪明花

日本演出者協会 【東京事務局】和田喜夫・秋葉舞滝子 【関西ブロック代表】木嶋茂雄
【関西ブロック役員】秋山太加・井之上淳・岩崎正裕・金子順子・菊川徳之助(理事)・キタモトマサヤ・島守辰明・高橋恵・田中孝弥(理事)・棚瀬美幸・堀江ひろゆき・松本修・山本つづみ・わかぎゑふ